歌詞になれたらいいのに

                                       ・・・・ と思う詩に曲をつけていきます

過去に向かって

 
   けれど時の流れは
 
 
  僕のそばに優しい人がいた
  その人はとても明るくて
  いつもそばにいてくれた
 
  僕の悩みをなんなく聞いてくれた
  自分のことは投げ捨てて
  僕をかばってくれていた
 
  けれど時の流れは
  その人を その人を
  冷たく 流した
 
 
  僕は悲しくて泣いていた
  いろんな人に何を言うともなく
  ただ涙かれるまで
 
  寂しさから逃げるため
  その人を その人を
  忘れようとしていた


テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽

  1. 2017/04/29(土) 16:00:22|
  2. 歌詞になっています
  3. | コメント:1

つれづれに

    徒然草



 虚しい虚しいと言ってばかりいないで

 とにかく何かを始めませんか


 明日のために生きるんじゃありません

 昨日があったから 今日が終わったんです

 君の言いたいことがすべて解る筈は無いけれど

 何となく僕の想いと同じような気がします


 一人で歩くことにはもう疲れてしまいました

 そうです優しいあなたと歩きたいのです

 恥ずかしい事ばかりに引き摺り引き摺られて

 とうとう自分自身までも誤魔化してしまいました


 悲しいからじゃない こんな毎日のせいでも

 薄汚れた街に今日も雨が降ります

 いくら言葉をかけてみても

 振り向いてくれるのは見え透いた顔ばかりなんです


 得意そうになって話している人の

 ありふれた作り話を聞く気にはならないでしょう

 僕は僕の話を聞いて欲しいとは思いません

 そして君の話だって聞く気にはならないんです


 優しかったあなたの事はけして忘れません

 けれど裏切ったあなたの事も忘れないと思います

 君の目に映るこの僕のやるせない姿は

 僕の探している昨日じゃないんです


 出来ることならしばらく休んでしまいたいものです

 そうすればたぶん心に余裕ができるでしょう

 生きるのに疲れたと泣き叫ぶ前に

 もう一度自分の顔を鏡に映してごらんなさい

   

 愛していたいんです 君をいつまでも
 けれどどうしても約束は出来ないんです

 飛び出してみましょう狭い部屋の中から

 何かいいことがあるかもしれません


 信じられるものは何もないと思っています

 たとえそれがひと時の悲しい幸せにしても

 乾ききった唇からありふれた愛の言葉

 もう僕は二度と君にだまされないでしょう


 金の無い生活はひもじいものですけれど

 一杯のラーメンのうまさがわかるようになりました

 電話の中の君はとてもいい人に思えます

 どんな顔で話しているのか知らないで済みますから


 何かに打ち込める人は幸せだと思います

 何も打ち込むことが出来ない僕は哀れでしょうか

 さよならを言う前にさよならを言われていました

 さよならを言わずに済みました涙が流れてしまいました


 悲しいことや苦しいことがたくさんありました

 楽しいことや嬉しい事もきっとたくさんあったでしょう

 いずれにせよ僕は忘れたいとは思いません

 思い出したくなる時がいつかきっと来るはずです


 昨日は雨が降り 今日は風が強かった

 明日はどんな事になるのか僕にはわかりません

 君のほうが僕より素晴らしいなんて思いません

 君は君で僕は僕 それでいいんじゃないのですか


 誰もが眠りについている頃に

 何かを始める君は何て不思議な人なんだろう

 どこかに始まりの無い旅があるとしても

 いつまでも終わりの無い旅なんてあるのでしょうか


 約束をしたのに何故か会えなかったのです

 あの時の君はもう何処にもいないような気がします

 一緒に歩いて欲しいとは言いません

 でも君が側にいると少しは気が紛れるのです


 徒然なるままの徒然草踏みしめて

 煙草一本分の旅の中で何かを始めませんか

テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽

  1. 2017/02/25(土) 16:00:15|
  2. 歌詞になっています
  3. | コメント:1

こもりうた...

     遠く離れて子守唄
 
 
    時計の音だけせわしなく
    流れる夜の静けさに
    故郷思えば切なくて
    歌い始める独り歌
    遠く離れて子守唄
 
 
    ふくらむ夢だけ先走り
    もろく崩れる人生か
    頼りの人も今は無く
    笑いで隠す涙唄
    遠く離れて子守唄
 
 
    思う言葉に身を任せ
    あてもないまま来たけれど
    果ては静かに眠るのみ
    歌いはじめる子守唄
    遠く離れて子守唄
 
 

テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽

  1. 2016/10/28(金) 16:00:40|
  2. 歌詞になっています
  3. | コメント:1

西の空に...

 夕陽を追いかけて
 
 
いつも思い出すの
この丘に来ると
眩しそうにして
私を見てくれた
 
好きだった歌のまねして
12本の色鉛筆
夕陽の中の私を
書いてくれた
 
あなたを追いかけて
どこまでも追いかけて
高速道路の向こう
オレンジ色に染まる
 
 
今なら言えるのに
悔しくて悔しくて
涙を堪えていた
あの時の私
 
あなたの心を疑って
本当を見れなくて
何も言わないあなた
わがままだった私
 
あなたを忘れない
いつまでも忘れない
高速道路の向こう
オレンジ色に染まる





テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽

  1. 2016/07/28(木) 16:00:31|
  2. 歌詞になっています
  3. | コメント:1

晩想

 
   エピローグ
 
 
  自分に素直であれば
  いつも楽しくやれる
  人はそれぞれ違っていても
  変わりはないさ
  誰も別れは悲しくて
  心のすべてがぼやけてしまう
  でもそれは新しい喜びへの
  始まりなんだ
 
  生きているからこそ時代は移り
  思い出の渦へすべてを託し
  生きることについて語り合える
  そこに答えはないかも知れない
 
 
  戦争の苦しさを知れば
  いつも楽しくやれる
  人はそれぞれ違っていても
  変わりはないさ
  影踏み終わった夕暮れ時に
  虚しい気持ちの中に漂う
  醜い陽射しで誤魔化されても
  また明日は来る
 
  生きているからこそ時代は移り
  思い出の渦へすべてを託し
  生きることについて語り合える
  そこに答えはないかも知れない
 
 

テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽

  1. 2015/06/29(月) 16:00:59|
  2. 歌詞になっています
  3. | コメント:0

BABY GOOD

                     曲 MIDI:夢色折り紙 グラファイト 

青い空の向こうに
何があるの?知りたくて
腕組みするのやめて
手を伸ばしてみよう

今度の風が吹いて来たら
この腕を翼に変えて
羽ばたいてみよう
夢の中では飛べたはず

何処までも果てしなく
高く高く飛び続けてみたい
限りなく深い青に染まり
ずっと憧れた空を逃がしはしない

http://blog-imgs-79.fc2.com/s/n/f/snfkn7/babygood.mp3

テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽

  1. 2015/02/28(土) 06:10:57|
  2. 歌詞になっています
  3. | コメント:0

ホームにて



   
去年と同じ
 
 
  自分の顔を
  曇った窓に
  映して見る
  この一年に
  何が出来たのか
 
  去年の今頃も
  同じだった
  自分の顔を
  曇った窓に
  映していた
 
 
  電車のホームで
  突然会った
  あの日は丁度
  君が京都へ
  行く日だった
 
  驚いて話しさえ
  出来なかった
  電車の窓の
  僕の顔が
   笑っていた

テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽

  1. 2014/12/26(金) 18:30:31|
  2. 歌詞になっています
  3. | コメント:1

列車にて

     この胸の痛み
 
 
  京都へ帰る列車のホーム
  楽しそうな二人の姿
  綺麗になったなった君とそして彼
  肩の鞄の重さより
  何かわからない力を感じる
  君が幸せになればそれでいい
  けれどせめてわかって欲しかった
 
  一人の列車曇り窓には
  指でたどった誰かの顔が
  揺られ揺られて丸い目からは
  涙のしずく滴り落ちる
  昨日までのすべてが今終わった
  君を愛していたのかもしれない
  かすかに残るこの胸の痛みは
 

テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽

  1. 2014/11/29(土) 16:00:20|
  2. 歌詞になっています
  3. | コメント:2

夢の中

          秋
 
 
   秋の枯葉の散る音に
   たそがれせまるの声を聞く
   一人たたずみ故郷の
   川の流れの唄想う
 
   故郷は遠い
   故郷ははるか
 
 
   秋の枯葉の散る音に
   心はなごみ時忘れ
   一人たたずみふけゆく
   秋はまだ続く
 
   夢の中 遠い昔
   一人帰る
 

テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽

  1. 2014/09/30(火) 06:10:56|
  2. 歌詞になっています
  3. | コメント:1

君が悲しいのは

  ・・・わかっているよ ・・・
 
君が悲しい時は
僕は元気をあげたいよ
君の涙の理由が
誰かのせいだとしても
 
君の笑顔がみたくて
僕のすべてを尽くすよ
君の心の中では
些細な忘れものとして
 
いつものように話そうよ
いつものように笑ってよ
わかっているよ
あいつのせいだろう
 
 
君を傷つける奴を
僕のこの手で倒したい
君が身体で止める
そんな値打ちがあるのなら
 
君はどうして泣くの?
僕のところに来るの?
君の心の中には
もう一人の君がいる
 
いつものように話しても
いつものように笑っても
わかっているよ
あいつのせいだろう

テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽

  1. 2014/01/13(月) 20:30:50|
  2. 歌詞になっています
次のページ