歌詞になれたらいいのに

                                       ・・・・ と思う詩に曲をつけていきます

許されない

  男には
 
 
何もかもが止まってしまった
聴こえることもない
走り過ぎる車のライトさえ
俺の身体をすり抜けていく
 
初めからわかっていたのに
どうにもならないこと
 
おまえの心を傷つけて
知らん顔で生きていくほど
俺の心はタフじゃない
抜け殻のようなこの身体
何処へ行けばいいのだろう
 
 
誰かに話しかけられても
うわの空になっている
無くした時間の重さだけが
この身体を支えていたのか
 
初めからわかっていたのに
どうにもならないこと
 
おまえの心を護りたくて
おまえの心を引き寄せた
俺の気持ちに嘘はない
ひとりでに育ち始めたのは
男と女の定めだろうか
 
女なら涙流して
すべて過去にできるのか
男には許されない
罪の印を刻みつけて
どこまでも歩き続ける

テーマ:詩・唄・詞 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/08/02(土) 00:00:21|
  2. 歌詞になれたらいいな
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<隠さないで... | ホーム | 大阪>>

コメント

No title

ものすごーく『男性』を感じますね。
こんな風に感じる、考える男性には
今まで出逢ったことがない気がします。
いや、もしかしたら、もっと心に触れられれば
こんな胸の内を知ることも出来たのでしょうか
なんだかそっと寄り添いたい
そんな気分にさせられますね。
  1. 2008/08/02(土) 19:41:34 |
  2. URL |
  3. ゆきの #IPN7sTE2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snfkn7.blog17.fc2.com/tb.php/123-20dc3a41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)