歌詞になれたらいいのに

                                       ・・・・ と思う詩に曲をつけていきます

冬が来る

  思い出     
        
 
今年もまた冬が来る
約束もしていないのに
当たり前が悔しいね
 
世間は少し寒くなった
季節の中で段々と
心に暖炉を準備し始めます
 
どこで暮らしていますか
きっと幸せにしていますね
今頃になってやっと
やさしい言葉は要りませんね
 
   
今年もまた冬が来る
外は風の音が響いて
震える木立に絡まる
 
やがて窓が白く曇る
季節の中でゆっくりと
部屋の模様も変わります
 
時々取り出しているけれど
セピアの色も淡くなるね
めぐる季節が早すぎて
数えることもないほどです

テーマ:詩・唄・詞 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/10/30(金) 16:38:02|
  2. 歌詞になれたらいいな
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< | ホーム | 誰にも知られずに>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snfkn7.blog17.fc2.com/tb.php/159-bfd9e149
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)