歌詞になれたらいいのに

                                       ・・・・ と思う詩に曲をつけていきます

station

station  
               歌詞:二宮 和子
              曲 唄:すなふきん7 
     
上り下りの列車を見ながら
人生みたいねってあの人が言った
寒い冬の駅でふと思い出した
コートに残るあの人の言葉
別れも告げずに出て行く街を
僕は振り返らずに去っていく
 
遠くで聞こえる汽笛の音が
泣いてるみたいねってあの人が言った
ホームで風に舞う紙くずのように
足に絡んだあの人の涙
別れも告げずに出て行く街を
僕は振り返らずに去っていく
 
切符を握るとどこかの街が
呼んでるみたいねってあの人が言った
暗い夜の闇で汽車に揺られ見た
必死に手を振るあの人の姿
別れも告げずに出て行く街を
僕は振り返らずに去っていく

テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽

  1. 2010/02/19(金) 16:26:28|
  2. 曲をつけました
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<遡景 | ホーム | おもい>>

コメント

No title

情景が目に浮かぶ素敵な詞ですね
ラストで繰り返された
「寒い冬の駅で~」の部分が好きですe-343

  1. 2010/02/22(月) 10:38:37 |
  2. URL |
  3. TOKKO #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snfkn7.blog17.fc2.com/tb.php/162-240b213f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)