歌詞になれたらいいのに

                                       ・・・・ と思う詩に曲をつけていきます

別れのとき

     陽 炎   曲 唄:すなふきん7



  悲しい話はもう終わりにしよう

  遠く離れすぎた二人には

  ただ別れの季節を待つのが辛いはず


  お互いの事を聞くにしても

  混ざりかけたコーヒーのミルクを

  見つめている虚ろな瞳は隠せない


  目の前の灰皿 口紅のついた

  吸殻が一つ 二つ

  あの頃君の優しさがすべてだと思っていた



  今にして思えば若すぎたんだろう

  どこへたどり着く当てもないのに

  その日暮しに幸せを感じていた


  さめた言葉を交わすにしても

  二人綴った物語

  ただ最後のページを飾るためのものなのか


  ほんの少しの間にたち込める陽炎

  移ろい消えた夢

  あの頃君の優しさがすべてだと思っていた

テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽

  1. 2010/07/30(金) 16:05:32|
  2. 歌詞になっています
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<風車 | ホーム | はじまり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snfkn7.blog17.fc2.com/tb.php/25-c781bd24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)