歌詞になれたらいいのに

                                       ・・・・ と思う詩に曲をつけていきます

リフレイン

秋 (リフレイン)       


           曲:唄:Itten 


   

秋風吹く街の中で
いわし雲飛ぶ空を見上げて
一人たたずみ心の中に
昔の夢を思うけど

何も悲しいわけじゃない
涙は忘れたはずなのに
君の去ったことで
なぜか風が目にしみる


鏡に写る僕の顔は
季節と共に変わりそうで
いつか一人旅に出ようと
自分自身心に決めた

何も悲しい事じゃない
本当の優しさわかるならば
君はきっといつか僕を
わかってくれるだろう


時は移ろうけれど
君を忘れることができない
そして虚しいだけの日々は
これからもまた続くのか

君と歩いた道には
落ち葉が風に舞っている
まるで秋の終わりを
告げるかのようにして


何もかもがわかっていても
思い通りになりはしない
僕らにとって人生という
短い日々はとてもつらい

悲しみに泣いて喜びに笑う
その繰り返しのめぐる早さに
今の自分を見失うのは
君一人だけじゃない

テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽

  1. 2010/10/22(金) 14:00:08|
  2. 曲がついています