歌詞になれたらいいのに

                                       ・・・・ と思う詩に曲をつけていきます

さくらが散って・・・

さくらが散る前に
 
 
     やっとめぐり逢えたね 
ほんと偶然だったけど
この街が白く凍える時に
たどり着いた
誰もいないと思ったのに
それは雪の精
それは春を待つあなたの 
つかの間の姿
 
うつむいたままのその姿が 
何を思うのか?
誰かを待つのに疲れたような 
長い間
空を見ることさえ出来ず 
ずっと胸に
思い出が褪せないように
やさしく包む
 
春がめぐり 
やがてすべてを桜色に染める
上を向いてごらん 
新しい空があるよ
さあ行こうよ 
風が吹いて桜が散る前に

テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽

  1. 2014/03/31(月) 16:00:16|
  2. 歌詞になれたらいいな