歌詞になれたらいいのに

                                       ・・・・ と思う詩に曲をつけていきます

男どうし

 
    おまにおくる唄   
                                        曲:唄byすなふきん7
 
 
   夜通し歩き疲れて
   やっぱりたどり着いたのは
   振られたばかりの女の家
   立ち尽くすおまえがいた
   坂道の途中で寝転んで
   真夏の星をいつまでも
   いつまでも見ていた
   おまえの気持ちは
   俺が一番知っている
 
 
   最終電車に揺らされて
   気付いた俺の悲しみは
   言葉に出来ない淋しさと
   おまえに言われた「愚か者」
   涙橋の真ん中でぼんやりと
   真っ赤な夕焼けをいつまでも
   いつまでも見ていた
   俺の気持ちは
   おまえが一番知っている
 
 
   おまえが都会へ行ってから
   何一ついい事はなかったよ
   時間だけは確実に過ぎて行く
   故郷の町並みは変わりすぎた
   おまえはおまえのままでいてくれ
   俺は俺のままでいるからさ
   今度また語り明かそうや
   たくさんの土産話
   聞かせてくれ

テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽

  1. 2012/10/06(土) 16:00:00|
  2. 曲がついています