歌詞になれたらいいのに

                                       ・・・・ と思う詩に曲をつけていきます

とも

  
  
      友人  (とも)
 
 
  君の通り過ぎる肩越しに
  語りきれない淋しさがある
  いつも僕の後姿を見ては
  語りかけてくれた君なのに
  明日は旅に出ると言う
  もう戻らないと君は言う
 
 
  街には新しい歌が流れ
  季節の変わり目を伝えている
  何一つ荷物を持たずに
  たった一言さよならも言わず
  部屋を出て行った君と
  いつまでも友達でいたい
 
 
  二人飲み明かしたあの頃は
  何もかもが楽しかった
  人生なんていつも笑い話
  時が人の心まで変える
  君の口癖を今一人
  思い出しグラス空けた
 
 
 
 

テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽

  1. 2013/12/01(日) 17:00:19|
  2. 歌詞になっています