歌詞になれたらいいのに

                                       ・・・・ と思う詩に曲をつけていきます

飲み屋にて

         今夜もまたやって来た
   赤いちょうちんぶらさがる
   黄色い暖簾を腕で押し

   わずかに袖を触れ合って
   話し出すのはひとりごと
   返す言葉をさがしても

   浮世の常に染まりつつ


   笑い出せたらはかなくも
   握りしめたるこの拳
   そそぐ涙をにらみつけ

   湯気と煙に染み漬けて
   おいて行けたら軽かろう
   渡る世間に鬼は無し

   竿さし竿さし漕ぎ行けば

   なんのこれしき振り切って
   まわして見せるさ心意気
   止めてくれるな薄情け
   
          はずみをつけりゃ いとやすし


テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽

  1. 2017/12/29(金) 16:00:06|
  2. 歌詞になれたらいいな
  3. | コメント:1
<<寒い季節が・・・ | ホーム | 遡景>>

コメント

No title

お書きになる詩の幅が本当に広いですね! 
わたしはお酒にはあまり縁がない方ですが
侘び寂びを感じてすごく惹かれました。

>竿さし竿さし漕ぎ行けば

しばらくの間 このフレーズが頭から離れそうに
ありません☆ 元気に進めそうです(o^∇^o)
  1. 2008/06/20(金) 09:22:38 |
  2. URL |
  3. Smalt field hug #vQU5PwVA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する