歌詞になれたらいいのに

                                       ・・・・ と思う詩に曲をつけていきます

父に...

  男として 父として
 
 
  いつの日も変わることなく
  優しい笑顔で見守ってくれる
  降り注ぐ光のように
 
  数え切れないほどの
  悲しさ苦しさたちに
  あなたは一人で耐えてきた
  ほんの一言弱音を吐かず
  今日まで生きてきた
  男として
 
  醜い人々が
  言い争う中で
  血の滲む思いは隠してきた
  家族のために自分の夢を
  つぶし続けてきた
  父として
 
  時のさだめと闘ってきた
  男として 父として
  その証を胸に刻みつけて
  振り返らずに人生を
  最後の日まで
  人として
  

テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽

  1. 2014/07/29(火) 21:05:49|
  2. 歌詞になれたらいいな
  3. | コメント:3
<<誘惑 | ホーム | 旅立ち>>

コメント

自分では言えません

わたしも大人になって、ちかごろでは退職した
父とそれなりに話をするようになりました。
(不仲だったことはないですよ^^)

そうしたら、そんな素振りを全く見せなかった
父の別の姿が見えてきて・・・
色々あっても出さなかっただけなんだなって。

驚きつつ、そこに人間らしさを
垣間見れて嬉しかったです。

口で発することは 照れくさくてできなくても
心の中にはこの詩のように尊敬があります。
  1. 2008/06/30(月) 16:57:43 |
  2. URL |
  3. Smalt field hug #vQU5PwVA
  4. [ 編集 ]

No title

 理想の父親像・・かしら ^^
私の連合いをみて 子供がそう思うのかは 疑問の残るところで  できれば 仕事のこととか もってこないでって思う 今日この頃ww 
でも 彼は 言うことで ストレス発散しているところもあるから・・・しかたないこと・・かな  ーー;;
 この詩の中の男性は 男っぽくて 素敵^^  だけど 結構きつかったりして・・w  ね^^  たまには 弱音はいても いいのよw
  1. 2008/06/30(月) 08:13:39 |
  2. URL |
  3. ruriri #-
  4. [ 編集 ]

No title

男の人って・・・
あまり弱音を吐きませんよね。
苦しい思いは自分の胸にしまいこんで。

少しでもいいから
胸のうちの苦しい思いを
明かしてくれたらいいのに・・・って
思う事が時々あります。
  1. 2008/06/28(土) 21:25:39 |
  2. URL |
  3. 紫苑(シオン) #jxT87rSU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する